MENU

  • HOME
  • CONCEPT
  • SHOWROOM
  • WORKS
  • VOICE
  • ABOUT
  • NEWS
  • EVENT
  • calendar
  • CONTACT

RIKYU HOUSE

REPORT

リキューの家は「かっこいい」だけなのか。

2017.12.28

 

 

先日、あるお客さまをリキューの現場にご案内したとき、

「リキューさんの建物っておしゃれでかっこいいですよね」

と言われました。

 

ほめことばで言ってくださるので素直に「ありがとうございます」と答えるのですが、

リキューは「かっこいい建物」を売っているのではないんです。

結果的にかっこよくなっている、というほうが正しいでしょうか。

 

かっこいいだけの建物だったらリキューでなくても他にあるあるでしょうからね。

 

リキューの建物が仮に「かっこいいい」とすれば、それを構成している要素は何か。

それを少し書いてみたいと思います。

 

例えば建物のかたち。

リキューの建物はシンプルなものが多いです。いわゆるキュービックなかたちです。

(いや、キュービックなんて書くから、そのかたちの意味がうすっぺらいものになってしまう!)

 

「箱型」と書きましょう。

 

たとえば、箱テッシュを両手で、いきおいよく「パンッ!」とはさむと、

箱はほとんど変形しないですよね。

これが、かたちに凹凸(おうとつ、デコボコ)がいくつかあったら、その部分は変形し、おそらく修復が困難でしょう。

つまり、箱型は外からの力に強いのです。力を分散させやすいから。

 

ここまでは多くの人が「そりゃそうだ」という感想だと思います。

ここで、「いまテッシュの箱、パンってやったけど、箱、変形したよ」という方はいませんか。

もちろん変形することもあるでしょう。でもその変形、簡単に直りますよね。テッシュとして(テッシュをいれる箱として)使えますよね。

 

建物も同じです。箱形にちかいほど外からの力に強く、もし変形や損傷をしたとしても、それは一部分で済む可能性が(そうでないものと比較して)高く、修復にかかる費用や期間がすくなくて済むはずです。住まいとしての建物に大事なのは、仮に地震等で損傷しても「住み続けられる」ことが大事です。そして、可能な限り、経済的な損失を最小限に抑えられることも、これからの住まいには必要でしょう。(たとえば地震で、身の回りの復旧のためにお金がかかるってなったときに、家の修復費用も最小限に抑えられたほうがいいですよね)

 

リキューの建物のかたちが箱型なものが多いのは、住まいには欠かせない「耐震性」や「耐風性」、つまり外力からの耐性を合理的かつ経済的に(大金を積めば、強い建物はどれだけでも作れます。そうではなく、リーズナブルに)実現するためなのです。それが結果的に「かっこいい建物」にしている要素のひとつといえるのでしょう。

 

しかし、リキューの建物が「かっこいい(・・という表現には私は少々抵抗があるので、「かっこいい」というのは仮称とします)」のはほかにも理由があります。

それは1/11(木)に更新する(予定)このページで書きたいと思います。

(小林)

 

 

両手で勢いよくぅ、、  (テッシュの箱を建物と仮定してください)

IMG_0035

 

パンッとはさむ。(これを外力=外から加わる力=と仮定します)

IMG_0037   

 

損傷(へこみ)は軽微で済んでいます。 (ピントあってなくてごめんなさい)

IMG_0050

 

箱型が多いリキューの建物。

DSC01208

DSC07995

トップへ戻る