renovation

  • HOME
  • リノベーション

中古住宅に新築以上の価値を付加するリノベーション

何十年も住み続けた住まいや、中古で購入した住まいに不満な点はありませんか? どんな住宅でも最初はトレンドを反映しているものですが、時代や家族構成が変われば使いにくくなるのは仕方がありません。そんな場合に、より住みやすく新築以上の価値を付加した住まいに改修する方法が「リノベーション」です。

こちらでは、西尾・蒲郡の一級建築士事務所「RIKYU(リキュー)」が古い住宅の価値を向上させるリノベーションについてご紹介しています。

中古住宅に新築以上の価値を付加するリノベーション

リノベーションとは

「リノベーション」とは、既存の建物に大規模な工事を行うことで、住まいの性能を新築の状態よりも向上させたり、価値を高めたりすることをいいます。リノベーションの内容は、住空間をよりデザイン性の高いものに変えたり耐久性・耐震性を大幅に高めたり、キッチンをより使いやすいものに変えたりとさまざまです。

リノベーションを行うことで、使いにくく古い中古物件であっても、快適で現代的な暮らしを実現できる新築以上に価値の高い物件に再生することができます。

リノベーションとは
リノベーションとリフォームの違い

リノベーションに近い言葉として「リフォーム」があります。ほとんど同じように思えますが、実際は目的や内容が異なりますので、それぞれの特徴や違いをご説明します。

  • リノベーション

    「修復、刷新」を目的として行われます。大規模な改修をすることで、建物に新しい機能や付加価値を加えて新築の時よりも住居の性能や価値を高める工事です。

    工事の規模が大きいためコストと時間がかかります。

  • リフォーム

    「改善、改良」を目的として行われます。建物の老朽化してしまった部分などを回復させて、新築の時のような状態に戻したり、使いやすくしたりする工事です。

    部分的な改修になるため、内容によってはコストを抑えることができます。

リノベーションで実現する理想の暮らし

たとえ新築から住んでいても、数十年も経てば住まいのデザインも古くなり、家族構成やライフスタイルも大幅に変わります。どんなに愛着があっても、ストレスの原因になってしまっては住まいとしてマイナスです。そんな場合に、現在の住まいを利用しながら新築以上に使いやすく、デザイン的にも優れた住まいに改修する方法が「リノベーション」です。

現在では、あえてレトロな中古住宅を購入して大規模なリノベーションを行うことで、自分の好みに合う住空間をつくる方もいらっしゃいます。設計事務所に任せることで、デザイン的にも理想を実現しやすいのがリノベーションの魅力です。さらに、リノベーションは建て替えと比較してCO2排出量が非常に少なく、環境にも優しいという特徴もあります。

当社では、一級建築士事務所としての建築ノウハウを駆使し、新築の際と同様の丁寧なヒアリングのもとで、理想を形にした住宅を実現します。

リノベーションで実現する理想の暮らし
資産価値を上げるリノベーション

リノベーションは、デザイン性に優れ住みやすい住まいを手に入れられることだけでなく、資産価値を高められることも大きな魅力です。中古住宅は新築住宅と比較して購入価格は低く、価格の下落も緩やかですが、リノベーションを行うことで遺産価値の目減りも少なくなります。むしろ、新築住宅以上に価値を高めることができるのです。

たとえば住宅を売却することになった場合でも、数十年住んだ家を売却しても土地くらいにしか価値は残っていませんが、リノベーションすることで住宅の性能や価値は高まり、販売価格は大幅に上がります。住む場合も売る場合もメリットが大きいのがリノベーションなのです。

資産価値を上げるリノベーション