plan

  • HOME
  • 資金計画について

家づくりに関する資金計画

家づくりとは、人生において最大規模の金額が動く「人生最大の買い物」です。理想の住まいを実現するためにも、事前にお金についての計画をしっかりと立てておく必要があります。

こちらでは、西尾・蒲郡・岡崎・安城・豊川エリアで豊富な実績がある一級建築士事務所「RIKYU(リキュー)」が家づくりには欠かせない大切なお金に関する情報をご紹介しています。

家づくりに関する資金計画

資金計画も家づくりの重要な要素です

「住宅費」「老後費」「教育費」は、人生において特に重要とされる「三大資金」と呼ばれます。家は家族の生活の場であり、こだわりたいものではありますが、ここだけにお金を使ってしまうと、お子様にかかる教育についての資金や、ご夫婦の豊かな老後を過ごすための貯蓄など、他のことに回す余裕がなくなってしまいます。家族の幸せのためには、家づくりだけでなく将来まで見据えた資金計画が不可欠なのです。

良い家を建てようとすると、どうしてもコストが上がってしまいます。そうなると住宅ローンの返済額も大きくなり、家計を圧迫する要因になりかねません。どんなに理想通りの家が手に入っても、そのせいで生活にゆとりがなくなったりストレスが発生したりしてしまっては、意味がありません。

当社では、適切な資金計画のための勉強会も行っています。現在の状況をうかがったうえで適切な住宅ローンのご相談にのることもできますので、お任せください。当社ではコストパフォーマンスの高い注文住宅をご提供していますので、資金計画の強い味方になれるはずです。

資金計画も家づくりの重要な要素です
土地探しは資金計画の一部

注文住宅を建てる前に土地探しをしている場合は、注意が必要です。土地代は場所や条件によって大きく異なり、数百万円で購入できることもあれば、数千万円かかるケースもあります。土地を購入する場合は家と合わせて資金計画を立てなければ、オーバーローンになって生活に余裕がなくなってしまう可能性もあるのです。

当社では、家づくりを行うだけでなく、お客様のご予算に合わせた土地探しもお手伝いしています。土地がまだ決まっていない方は、ぜひご相談ください。

土地探しは資金計画の一部
購入コスト以外のコスト計算
購入コスト以外のコスト計算

家づくりで意識しなければならない重要なことの一つが、住宅のランニングコストについてです。家をつくるとなると、どうしてもイニシャルコストにばかり目が行ってしまいますが、実際に生活が始まると、冷暖房を含めた電気代やメンテナンスの費用など、大きなランニングコストがかかってくることがわかります。

その土地の気候やご家族のライフスタイルにもよりますが、外壁材や屋根材、水回りなどは20年前後でメンテナンスが必要になる可能性もあります。家づくりにお金を使いすぎると、こうした重要なメンテナンスが十分に行えなくなる可能性も考えられるのです。

当社では、高気密・高断熱の高性能住宅によってランニングコストを抑えるご提案をしています。家の購入後まで考えるなら、ぜひ当社にご相談ください。

資産価値も視野に入れて

欧米の住宅の寿命は60年ほどであるのに対し、日本の住宅の寿命は平均30年ほどだといわれています。言い方を変えれば、日本の住宅はそれだけ資産価値が低いといえるのです。高額な住宅を購入しても、すぐに傷んで解体してしまっては意味がありません。家は建てるだけでなく、どれだけ長持ちさせるかが重要になってきているのです。

購入した世代はもちろん、その子どもや孫まで、解体することなく住み続けられるような住まいなら、資産価値は非常に高いといえるでしょう。当社では、高気密・高断熱や高い耐震性といった性能面はもちろんのこと、長持ちさせるための高耐久にも力を入れています。

家族がいつまでも安心して暮らせる家をお求めなら、当社にお任せください。

資産価値も視野に入れて