case

中庭のある暮らしを包容する家

蒲郡市 I様邸

 

中庭のある暮らしを包容する家

海岸近くに佇み、静かにプライベートを愉しむために中庭からの光を取り込む住まいです。

概要説明

あこがれの建築家と一緒に家づくりしたいという想いを叶え、二方向道路からの視線の配慮をしながら家の中の閉塞感を出さないプランニングを提案しました。お庭を四方から囲み包容します。

【基本情報】

敷地面積245.89㎡(74.38坪)、延床面積112.82㎡(34.12坪)
家族構成大人2人
C値0.3㎠/㎡、UA値0.37W/(㎡・K)

建築家の紹介

建築家/平田大和 (株式会社ろく設計室 一級建築士事務所)
リキューのモデルハウスを設計した建築家で今回のミッションは中庭を取り入れたモデルハウスのような住まいです。
家事動線や生活動線はもとより、デザイン性にこだわった提案をいたします。

Appearance

中庭のある暮らしを包容する家

シャープでスクエアな外観デザインに花ブロックが優しく家族を迎えます。

Garage

中庭のある暮らしを包容する家

玄関横に配置されたインナーガレージは、外観デザインの一役を担い水平ラインを意識してプランニングしました。中庭へも出入りできる動線になっています。

Entrance

中庭のある暮らしを包容する家

玄関ポーチは洗い出し仕上げとし、シューズクロークの間仕切り壁に白のアクセントタイルを使用し、落ち着いた玄関スペースを実現しました。

Courtyard

中庭のある暮らしを包容する家

玄関正面からリビングから出入りできる場所に中庭を配置しました。外部からの視線を気にすることなく自分たちの暮らしを愉しみつつ、中庭から空へと抜ける内部からの視線が開放感を生みます。

Living

中庭のある暮らしを包容する家

南から北への勾配天井を採用することで、プラスアルファの採光と抜け感を作り出し、リビングの広がりを意識的に演出。広さに高さが加わることで開放感がさらに増します。

Kitchen

中庭のある暮らしを包容する家

奥様のこだわりポイントの一つであるキッチンはR+houseオリジナルキッチン「MONO」です。
リビング、ダイニングと一体になったキッチンからも中庭を眺めることができ、高窓から朝の優しい光が家族を包みこみます。

Utility space

中庭のある暮らしを包容する家

キッチンの後ろに奥様の家事を助ける家事室をプランニングしました。洗って、干して、畳んで、収納する、毎日のルーティーンが楽しくなるスペースです。

ほかの施工事例もご覧くたさい

一覧に戻る