case

記憶を繋ぐ三世帯住宅

西尾市 K様邸

 

記憶を繋ぐ三世帯住宅

玄関のピクチャーウィンドウからの絶景を眺められるプランニングにしました。

見晴らしの良い敷地を活かした住まいです。

概要説明

永年住み続けたお家を解体しての新築計画。 敷地の周りはとてものどかな景色が広がっており、そんな空間を家の中へ取り込む、そんな空間となりました。

【基本情報】

敷地面積556.78㎡(168.42坪)、延床面積103.92㎡(31.43坪)
家族構成大人4人
C値0.36㎠/㎡、UA値0.39W/(㎡・K)

建築家の紹介

建築家/矢橋 徹(矢橋徹建築設計事務所)
北側と、東側に絶景が広がる当該敷地。そんな景色を住宅へ取り込む、そんな設計としました。
また、介護を要するお婆ちゃんの為に、廊下やトイレなどを広く介護仕様に。
10年先、20年先にはそれぞれの個室が入れ替わる、そんな可変的な構成にしました。
家族みんなが過ごす、ダイニングやリビングからは、ピクチャーウィンドウ越しにのどかな景色が見渡すことができます。
どこに居ても落ち着くことのできる、これからはこのお家に愛着を持ち、色々な思い出を作って頂きたいそんな願いが込められました。

Living-1

記憶を繋ぐ三世帯住宅

リビング・ダイニング・キッチン・タタミコーナーを1つの空間に無駄なく配置し、広がりのある家族の集うスペースに。

3世代の家族が寄り添える落ち着きのある空間となりました。

Living-2

記憶を繋ぐ三世帯住宅

床は90幅の無垢材オークを使用し黒のアイアンを際立たせ、インテリアに統一感をもたせスタイリッシュなお部屋に仕上げています。

Kichin

記憶を繋ぐ三世帯住宅

こだわりのペンダントライトを引き立たせるGRAFTEKTのメルクリオ。セラミックタイルのような深みのある質感を愉しめます。

Stairs

記憶を繋ぐ三世帯住宅

階段横の壁を大きくくり抜くことで、朝起きて2階から降りてくるとき、ダイニングで朝食の時間、窓越しに見える景色がいつも穏やかな1日を迎えてくれます。

Window-1

記憶を繋ぐ三世帯住宅

目の前に広がる田園風景。住み慣れた風景を身近に感じながら暮らすことの幸せを実感できます。

Window-2

記憶を繋ぐ三世帯住宅

ダイニングから窓越しにのどかな景色が広がり、まるで絵画のように景色を楽しむことができるピクチャーウインドウ。

家の中にいながら四季の移ろいを感じられます。

Japanese room

記憶を繋ぐ三世帯住宅

リビング横に併設した小上がりのタタミスペース。小上がりにすることでちょっとした腰かけにもなり、お父様の特等席に。

タタミの下は引出し収納を設置し、座布団などをすっきり収納できます。

Work

記憶を繋ぐ三世帯住宅

寝室の隣には、2.5畳の書斎。L型の造作のデスクと棚を設け、作業効率が高くなります。また腰壁にするこで寝室とのつながりをもたせています。

Laundry

記憶を繋ぐ三世帯住宅

大きなランドリー用でシンクで予備洗いをして洗濯をし、そのまま室内干しができます。

忙しい家事作業を短縮できる家事楽動線をご提案しました。

ほかの施工事例もご覧くたさい

一覧に戻る