blog

  • HOME
  • ブログ
  • 【蒲郡市・西尾市の注文住宅】 どんな壁紙...

【蒲郡市・西尾市の注文住宅】 どんな壁紙が良い?クロスの選び方について① -ベースカラー編-

2022.03.15

こんにちは。

インテリアコーディネーターの鈴木亜沙子です。

 

憧れの注文住宅を計画する際、快適な暮らしを実現するために必要な要素として

・高気密高断熱などの性能

・品質

・家族の成長に合わせた合理的且つ効率的な間取り

上記2点を弊社では大変重要として、お客様に家造りの勉強会や現場見学会を実施しております。

 

それ以外に外観・内観デザインの性能や品質も重要とし、私共インテリアコーディネーターは日々の暮らしの中で下記の3つ内容を考慮、ニーズに合わせたマテリアルをご提供しております。

・心理的効果 「居心地の良い、お好きなものに囲まれた暮らし」

・時間的効果 「日々のお片付けやお手入れのしやすい物」

・経済的効果 「コスト軽減、エコ商材、利便性」

 

第一に心理的効果として、多くの方はお部屋のインテリアをどんなテイストにされたいかをお考えになられるかと思います。

楽しい悩み事ではありますが、選ぶものが多すぎて困ってしまうという方もお見えかと思います。

SNSでお好みのインテリアを探される方もいらっしゃいますよね。 一つお探しされると関係性の高いインテリア事例が沢山発掘されるのですが、段々とどんなテイストが好みなのか分からなくなってしまうというお客様もしばしばお見えです。

このような漠然としたイメージを具現化するために、インテリアコーディネーターが一人一人のお客様に合わせたインテリアマテリアル(要素)をセレクト致します。

インテリアマテリアルとして最も面積が多く、空間演出にも影響があるのはクロス(壁紙)です。

 

カラーの面積種別は3種類あり、その中でもクロスはベースカラーに分類されます。

・ベースカラー 【天井、床など空間の全体を占めるカラー】

・アソートカラー 【家具・カーテンなど空間の半分を占めるカラー】

・アクセントカラー 【小物家具・雑貨・クッションなど空間を引き締めるカラー】

 

今回はこのベースカラーであるクロスについてお話ししたいと思います。

 

弊社ではベースカラーとなるクロスを白色の塩ビクロスにてご提案しております。

白色でも数え切れない程沢山あり、その中でも均一に細かい凹凸があり、メンテナンス及び施工性に優れた商材になります。

白色のクロスは清潔感や清涼感がありますが、やや簡素になりがちですので、 よりお好みの空間に近づけるべく 最近ではベースクロス全体をグレー系に統一されるご要望も増えております。

グレー系インテリアは数年前からトレンドで、その人気は根強いです。

 

 

私の自宅でもアクセント壁や建具、タイル等様々な要素にグレーを取り入れておりますが、上品で落ち着きのある飽きのこない色味というのが人気のポイントなのでしょうか。

 

ただここで注意したいのは、ベースクロスを落ち着きのあるトーンにしてしまうと お部屋が薄暗くなってしまい、日中でも照明を灯さないと生活しにくくなるという点です。

色というのは光の反射率が変わります。

極端な例を挙げますと、白は光を反射しやすいので明るい印象になり、黒などの暗い色は光を吸収しやすいので同じ照明計画だとしても明度はハッキリします。

面積が大きければ大きい程その影響があるということです。

ここで、空間の色の印象の比較画像をご覧ください。

 

① 全体を明るい色(白)にした場合

 

② 落ち着きのある色(グレー)にした場合

 

③ より落ち着きある色(ダークグレー)にした場合

 

引用/シンコールグループ 着せ替えシミュレーション

https://sincol-group.jp/simulation-top/

 

①②③はカーテンマテリアルの生地、家具等は同じものを用いております。

①②の床に関しては同仕様、③は明るい床材ですと浮いてしまうので、床も落ち着きのある床材にしております。

ガラッとお部屋の雰囲気がかわりますよね。色味における心理的な印象も変わります。

 

お好みの色や質感の物をどのような比率で配置するのか、このようなご提案を私共インテリアコーディネーターが一人一人のお客様のご要望お受けし、ご対応させていただきます。

 

今回のお話はベースカラーのクロスの選び方を主としてお話ししましたが、アクセントカラーとしてのクロスのご提案も勿論しております。

 

アクセントクロスは大変ニーズがあり、今やどのお客様にも取り入れられているコーディネートの一つです。

アクセントクロスも多種多様です。

 

その中でも、輸入壁紙のご紹介を次回のブログでお話ししたいと思います。

 

建築士の先生との間取りの打合せが一段落ついた後、インテリアのお打合せが始まるとあっという間にご新築の着工に向けて工事が進んでいきます。

 

ご希望のインテリア事例や置きたい家具、お使いなられたい照明等 些細なお悩み、ご要望にお応えできるよう努めて参りますので、お気軽にご相談下さい。

 

*イベント情報*

3/26-27   完成見学会 家族で中庭を愉しむ家

4/17          賢い家づくり勉強会 蒲郡

 

一覧に戻る