blog

階段

2021.02.12

こんにちは、中瀬です。

今回は階段についてです。
建築基準法で決められている最低限の基準は踏面150mm以上、蹴上げ230以下、有効幅750mm以上です。
踏面は足をのせる部分、蹴上げは1段の高さ、有効幅は階段の幅のことです。
らせん階段のように踏板の場所で幅が異なる場合は 狭い方から30cmの位置の幅が踏面寸法となります。

3段目までは木製、それより上はスチールの階段です。

0DSC02272

木製の階段に絨毯が敷いてあります。

0IMG_3542

螺旋階段です。おしゃれな雰囲気になります。

0IMG_3997

0IMG_4155


階段で家の雰囲気も変わります。
イメージ通りの心地よい家づくりのお手伝いをしていきます。

 

後悔しないための賢い家づくり勉強会
2021年2月21日(日)

蒲郡商工会議所で行います。
感染症対策を行って開催していますのでぜひお越しください。

一覧に戻る