MENU

BLOG

ブログ

住宅の基礎の移り変わり

2020.04.17

こんにちは。原田です。

ガルバリウム 木板 玄関 注文住宅 蒲郡市

みなさんいかがお過ごしでしょうか?

今日は住宅の基礎について少し。

何事も基本が大事、基礎が大事と言いますが、住宅においてもやはり、基礎は大事です。

現在日本において作らている住宅にはすべてコンクリートの基礎がつくられています。

現在はということは、以前は違ったわけです。

たとえば、

27b8d45e-s

お寺や神社など、古い建築物で見かけたこともあるかもしれません。

昔は住宅もこんな時代がありました。

しかし、1968年の十勝沖地震を教訓に、鉄筋コンクリート造の柱のせん断補強筋規定が強化され

木造住宅においては基礎はコンクリート造又は鉄筋コンクリート造の布基礎とすること。

風圧力に対し、見附面積に応じた必要壁量の規定が設けられた。

なんと、私の生まれるたった4年前の事です。それまでは規定がなかったのです。

約50年経った現在はどうか?

コンクリートの基礎は当たり前にはなっていますが、その種類や施工方法は様々です。

日本は地震大国であり、春夏秋冬の四季の変化のある地域特性があります。

基礎は住宅の根幹を形成するものです。ここも、住宅選びのポイントになりますので、

住宅会社のスタッフさんに確認しておくことをおススメします。

https://rikyu-home.com/contact/