case

暮らしが楽しくなる家

蒲郡市 M様邸

 

暮らしが楽しくなる家

概要説明

家族全員が個性を発揮し、認め合いながら暮らすことのできる空間。将来増えるであろうお子様たちも個性を伸ばしていくことができる住まい。

【基本情報】

敷地面積359.32㎡(108.69坪)、延床面積98.54㎡(29.80坪)
家族構成大人2人、子供2人
C値0.26㎠/㎡、UA値0.37W/(㎡・K)

建築家の紹介

建築家/杉原 豊実 (スギハラ建築設計事務所)

Shoes closet

暮らしが楽しくなる家

玄関を入るとすぐ脇にシューズクローゼットを配置。シューズクローゼットからウォークインクローゼットを通過し脱衣室へ抜ける動線が配慮されている。

Doma1

暮らしが楽しくなる家

シューズクローゼットとは反対側に通り土間を採用。幼いころの原風景を新居に再現。まずはサロンスペース。お客様を懐かしさでお迎えしてくれる。

Doma2

暮らしが楽しくなる家

南面に面した土間空間、大きな窓からたくさんの光を取り込み、ウッドデッキの上部に軒を出すことで、夏の日射遮蔽に配慮。パッシブデザインを考慮しながら計画。

Doma3

暮らしが楽しくなる家

通り土間の中間地点にアトリエスペースを配置。ご夫婦共に創作活動が好きで土間の上で思いっきり楽しみます。上部は壁で仕切らず、ゆるやかにつながりを持たせ家族全員が個性を発揮する空間です。

Exhibition space

暮らしが楽しくなる家

アトリエカウンターのダイニング側にはオリジナルのアクセサリーなどを綺麗に並べ、家族の団欒に花を添えてくれる。

Tatami living

暮らしが楽しくなる家

リビングにはタタミを採用。土間側からも直接上がることもでき、昔懐かしいい土間から居間への動線を再現。壁面には両サイドに飾り棚を設け、ここでも自分たちの創作したものが彩りを与えてくれる。

Dining

暮らしが楽しくなる家

ダイニング上部の天井は勾配天井とし、解放感を演出。北側に設置した高窓からは柔らかな光が家族に笑顔をもたらしてくれる。

Study corner

暮らしが楽しくなる家

LDKとのつながりを持たせた場所にスタディーカウンターを設置。カウンター正面はつながりを保つためにあえて壁でふさがず、カウンターうしろには、書籍や筆記用具などを収納。

Hand wash

暮らしが楽しくなる家

帰宅後すぐに手を洗うことのできるところに洗面をプランニング。生活動線の中にありながら、お客様も気兼ねのない場所に提案。造作で作られた世界にひとつの洗面台が完成。

ほかの施工事例もご覧くたさい

一覧に戻る