column

  • HOME
  • コラム
  • 高気密の注文住宅のメリットと注意点につい...

高気密の注文住宅のメリットと注意点について解説します

最近の住宅はどれも「高気密」をウリにしているものが多いかと思います。
高気密住宅にはメリットもありますが、注意をしなければいけない点があります。
今回は、高気密住宅を選択するときのメリットと注意点を解説します。

 

□高気密な住宅とはどんな住宅?

住宅には生活している分にはさほど気にならないほどのすき間があります。
すき間が多いとどういったことが起きるのでしょうか。
すき間が多いと、夏場はエアコンをかけていても外の熱い空気が部屋に流れ込んできます。
一方で、冬場になると寒い空気がすき間から流れ込んできます。
そこで、外の空気が家の中に流れ込んでこないように、断熱材や密度を高めるための施工をしてできる限りすき間を埋めます。
そうすることで、部屋の温度を一定に保てる住宅を作れます。
部屋の温度を一定に保つと体に優しく快適な生活が送れそうですね。

 

□高気密住宅のメリットと注意点とは

メリット

住宅の気密性を上げることで得られるメリットは多くあります。
ヒートショックという言葉を聞いたことはありますか?
ヒートショックは急激な温度変化により血圧が急変する体の現象です。
高気密の住宅にすることによって住宅内の温度の変化を少なくなるので
ヒートショックを防ぐことにつながります。


また、高気密はエアコンや暖房の効きをよくすることにもつながるので

季節によらず電力の消費を大幅に抑えられて家計に優しいと言えます。
 

 

注意点

一見、いいことづくめの高気密住宅ですが、気を付けるべき点があります。それは、いくら高気密だといっても中途半端なすき間があると逆に壁の中に結露を起こしやすくなるということです。「高気密」には基準がないので、本当にすき間がないのかどうかは実際に測ってみないとわかりません。これを気密測定といいます。ちゃんとした高気密住宅を作っている住宅会社であれば気密測定を必ずやっているので、必ず確認しましょう。

 

□まとめ

今回は高気密住宅について解説しました。
高気密の注文住宅のメリットと注意点を参考にしてみなさまがよい家づくりをして頂けたら幸いです。
ご不明な点がございましたらお気軽にR+house西尾蒲郡(リキュー)までお問い合わせください。

 

一覧に戻る