rikyu

MENU

COLUMN

コラム

西尾市で注文住宅を建てたい方へ|後悔しない二世帯住宅の建て方!

2019.07.20

「注文住宅を建てて、引っ越してみたいな……」
「祖父母の様子も気になるし、二世帯住宅を建てようと考えている」
「二世帯住宅を建てる上でのポイントや注意点が知りたい……」
そのようなお悩みを抱えている方はいらっしゃいますか?
そこで今回の記事では、西尾市で注文住宅を建てたい方へ、二世帯住宅のメリットやポイントをご紹介していきます。

□二世帯住宅のポイント

注文住宅を二世帯住宅で建てる上でのポイントや注意点を挙げると、
・間取りを考える上でのポイント
・補助金を考える
以上の2点です。
それでは、それぞれのポイントや注意点についてご紹介していきます。

*間取りを考える上でのポイント

一口で二世帯住宅といっても、様々な二世帯住宅の間取りが存在します。
以下に挙げると、
・完全同居タイプ
・部分同居タイプ
の2つです。
「完全同居タイプ」は、家族二世帯が共に一緒の住宅に居住する間取りです。
まず、家族ごとにそれぞれ寝室やプライベートスペースを設け、それ以外は全て共用するといった間取りを考える必要があります。
親世帯・子世帯の中で生活の時間帯に大きな開きが無い場合や、常に住宅に誰かがいる状態を作りたい、といった場合はこの完全同居タイプをおすすめします。
家族間との交流や、子世帯が忙しくなかなか家へ戻れない、といった状況でも子供を親世帯である祖父母が世話することが可能です。
子供にとっても寂しくなく、心豊かな毎日を送ることができるでしょう。

「部分同居タイプ」は、風呂やキッチンなどは共用で使用しますが、生活するスペースは明確に分ける間取りを指します。
世帯間で適度にプライバシーを保ちたい場合や、生活する時間帯に大きな開きがある場合は、この部分同居タイプを選択するとおすすめです。

*補助金を考える

二世帯住宅には、国から交付される補助金が設定されています。
「地域型住宅グリーン化事業」の補助金と、「長期優良住宅化リフォーム推進事業」の補助金が利用可能です。
それぞれの事業の判断基準を満たした上で、二世帯住宅を建築すると補助金を交付してもらうことが可能です。

□まとめ

今回の記事では、西尾市で注文住宅を建てたい方へ、二世帯住宅のメリットやポイントをご紹介しました。
当社の経営理念は「誠実な行動、笑顔の創造」です。
私たちの家づくりの本質、理念の根底にあるのはいつでも「誠実な行動・笑顔の創造」です。
お客様、取引業者、従業員、すべてにかかわる人たちの笑顔の創造のために、私たちは常に相手の立場にたち、お客様にとってベストな行動を取るよう最善を尽くします。
この記事を読んで当社にご興味を持たれた方は、ぜひお気軽にご相談ください。

 

二世帯住宅の施工事例