column

  • HOME
  • コラム
  • 注文住宅を建てる人必見|外壁を白にするメ...

注文住宅を建てる人必見|外壁を白にするメリットとデメリットを解説!

「注文住宅の外壁を白にしようか迷っている・・・。」
「外壁を白にするメリットとデメリットを知りたい!」
このようにお考えの方も多いのではないでしょうか。
後で後悔しないためにも、事前に白い外壁の特徴を知っておきたいですよね。
そこで、今回は注文住宅の外壁を白にするメリットとデメリットを解説します。

 

 

□メリット

 

*清潔感のある雰囲気に仕上がる

 

これが、外壁を白にする最大のメリットとも言えるでしょう。
白には、シンプルで清潔感があるイメージがあります。
また、特に洋風の家には白が似合います。
洋風な家をイメージしている方にはおすすめです。

 

*周囲の環境に馴染みやすい

 

白は、他のどの色とも調和を崩しません。
したがって、周りに様々な色の家が並んでいたり、自然が多かったりしても気にする必要がありません。

 

*熱の吸収を防ぐ

 

白は光を反射する性質があるため、夏場に熱がこもるのを防げます。
断熱材の質によっては、外壁の色が異なるだけで、室内の温度まで変わる可能性があります。

 

*防犯効果がある

 

白は照明の光も反射するため、夜でも目立ちやすいです。

そのため、狙われる可能性も少なくなり、結果的に防犯につながります。

 

 

□デメリット

 

*汚れが目立ちやすい

 

白い外壁は、様々な汚れがはっきりと見えてしまいます。
具体的には、排気ガスや雨が流れた跡が見える形で残ってしまいます。
また、日当たりの悪い面では湿気によるカビやコケも生えやすいです。
さらに、経年劣化によって古びたイメージが強くなるのも、白のデメリットです。

 

*眩しい

 

白は反射率が高いので、日中は太陽光が反射して眩しく感じる可能性があります。
塗料の種類にもよりますが、周囲の迷惑になる可能性もあるため注意が必要です。

 

 

□白を選ぶときの注意点

 

*汚れにくい塗料を使う

 

外壁を白にする場合は、汚れ対策を行う必要があります。
そこで、外壁を汚れにくくする機能を持った塗料を使うことをおすすめします。
例えば、セルフクリーニング機能を持った塗料があります。
セルフクリーニング機能とは、優れた親水性によって、雨が降ると汚れが流れ落ちる機能のことです。

 

*汚れにくい材質の外壁にする

 

外壁を汚れにくい材質にする方法もあります。
タイルやサンディングは、割と汚れにくい材質です。

 

 

□まとめ

 

以上、注文住宅の外壁を白にするメリットとデメリットを解説しました。
白には良いイメージがありますが、実際には汚れも目立ちやすくなってしまいます。
汚れが目立たないようにするには、余分にコストが掛かります。
外壁の色を検討する際は、実際に外壁を白くしている人の経験談を参考にしたり、専門業者に聞いてみたりされてはいかがでしょうか。
リキューでは、西尾市、蒲郡市を中心に高い性能を持った理想の住宅をお客様に提供しています。
何かわからないことがあれば、リキューまでお気軽にご相談ください。

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

ご興味がありましたら、下記のページも見てください。

 

様々な施工例の一部を掲載してます。

◆リキュー施工事例

 

外壁や屋根などの部材が展示してあります。

◆リキュー蒲郡竹谷ショールーム

 

完成見学会や様々なイベント情報を掲載中

◆リキュー完成見学会

 

一覧に戻る