rikyu

MENU

COLUMN

コラム

注文住宅を建てたい人必見!|デザインで後悔しないためのポイントを解説!

2019.10.14

「注文住宅を建てたいけど、デザインで後悔したくない!」
「デザインにおいて後悔しないためのポイントを知りたい!」
このようにお考えの方も多いのではないでしょうか。
家を建ててから後になって後悔したくないですよね。
そこで、今回は注文住宅のデザインにおいて、後悔しないためのポイントを解説します。

 

 

□外観のデザインで後悔しないためのポイント

 

*近所の家の色を確認しておく

 

外観のデザインの失敗としてよくあるのが、家の色に関するものです。
周りの家に比べて派手すぎて浮いてしまったり、逆に周りの家と色が被ってしまったりする場合があります。
そのような失敗を防ぐために、事前に周りの家の色を確認してから、色を決めてみてはいかがですか。

 

*外壁材をよく知る

 

外壁に関する後悔として、外壁の継ぎ目が目立ったり、汚れが目立ったりすることが挙げられます。
これらの失敗を防ぐためには、外壁材の特徴をよく知っておくことが重要です。
外壁材の種類によって、様々な長所があります。
したがって、それらの長所を知っておけば、自分の理想に近い外壁材を選べます。

 

*窓の大きさを確認する

 

窓の数が少なかったり、大きさが統一されてなかったりすると、見栄えが悪いです。
また、機能面での不便さを感じることもあります。
あらかじめ間取りを決める段階で、外から見たときの窓の大きさや配置を確認しておくと良いです。

 

 

□内観のデザインで後悔しないためのポイント

 

*規則性を持たせる

 

並んでいるものの高さが違ったり、間隔が揃っていなかったりすると、違和感を覚えます。
そうならないために、内装は揃えるところをしっかり揃えると良いでしょう。

 

*家具と内装は一緒に考える

 

一般的には、内装のデザインが完成してから家具を選びます。
しかし、家具を選ぶ段階になって、内装のデザインと合わせるのが難しいと感じることがあります。
内装のデザインを考える際に、家具も選んでおくことで、このような失敗を防げます。

 

*床材は良いものを選ぶ

 

床材は疎かにされがちです。
しかし、床材はデザインにおいて大きな役割を果たすものです。
したがって、少々値段が高くても、満足するものを選んだ方が、後悔することは少なくなるでしょう。

 

 

□まとめ

 

以上、注文住宅のデザインにおいて、後悔しないためのポイントを解説しました。
後悔しないためには、これらの基本を押さえた上でデザインを楽しむことが重要です。
実際に住んでいる状態をイメージしながら、理想の住宅を作っていくことをおすすめします。
R+house西尾蒲郡(リキュー)では、西尾市、蒲郡市を中心に高い性能を持った理想の住宅をお客様に提供しています。
何かわからないことがあれば、リキューまでお気軽にご相談ください。

 

外壁材や床材が見れるショールームはこちら