MENU

COLUMN

コラム

注文住宅をお考えの方へ!土地購入をする際に必要な費用とは

「注文住宅を建てたいから、まずは土地を購入したい。」
「土地購入にはどれくらいの費用がかかるのだろうか。」
土地購入には、どれくらいの費用がかかるのかイメージしづらいですよね。
初めての方にとっては難しいでしょう。
そこで今回は、注文住宅をご検討中の方に、土地購入に必要な費用について解説します。

 

□土地購入にかかる費用

 

土地を新たに購入するときは、土地購入代金と土地購入諸費用がかかります。


まず手付金を土地価格の5から10パーセント支払います。
その後に、土地購入代金の残金や、購入諸費用を支払う流れです。
不動産会社を介して土地を購入する際には、仲介手数料がかかります。
仲介手数料は売買価格に対して、3パーセント+6万円になります。(400万円以上の売買価格の場合)
これに加えて消費税もかかります。
不動産会社が所有する土地を直接購入すると、仲介手数料を節約できることもあります。


他にも、登記費用がかかります。
所有権移転に関する登記費用には、司法書士に支払う報酬と、登記にかかる登録免許税が必要です。
司法書士の手数料は、地域によって異なりますが、8万円前後が一般的です。
登録免許税はその土地の売却価格ではなく、評価額に対して計算されます。
登記申請時に収入印紙で納付する必要があります。
ローンを利用して購入する場合には、ローンの手数料や保険料、また抵当権設定の登記費用もかかります。
また、契約書に貼付する印紙代も必要です。


土地の購入にはさまざまな項目で費用がかかります。
上記以外にも土地購入の際に必要な費用が発生する場合もあるので、紹介先(不動産会社や住宅会社)によく確認しましょう。
土地の購入から建築工事スケジュール、資金計画までトータルでプランを立て、
ぜひ信頼できる業者に相談しながら、プランを明確にしてください。
何にどれくらいの費用がかかっているかを把握していないと、想定以上に費用がかさむ可能性があります。

 

□まとめ

 

今回は、土地購入に必要な費用について解説しました。
R+house西尾蒲郡(リキュー)では、土地購入についても宅地建物取引士がサポートしています。
建てたい建物にふさわしい土地、ライフスタイルを叶える土地も紹介しています。
お気軽にご相談ください。

また、リキューでは【後悔しないための土地探しセミナー】を開催しております。

次回は5/17(日)オンラインでの開催になります。

◆詳細はこちら◆