blog

庭と暮らす

2022.11.01

庭と暮らす

こんにちは。広報の原田です。

夏が終わり冬に向けて、人は暖をとるように上着を羽織ったりと見た目が変化していきます。 草木も同じように冬に向けて姿を変化させていきます。 秋には紅葉になり、その姿を美しく人々を魅了していきます。

 

なぜ、植物は冬に向けて紅葉となり葉を落としていくのでしょうか? 当たり前のように毎年その光景を目の当たりにしています。

 

植物も人や動物と同じように生きています。 人は暖をとり、動物は冬眠をとり、植物も同じように冬眠していきます。また暖かく日射時間が長くなれば美しくみずみずしい新緑に輝きます。 ※もちろん寒さ等に強い植栽もございます。

 

“四季を感じる”とよく言われますが、描写に草木や風景が浮かんでくる方は多いのではないでしょうか。 Googleで検索しても草木が多く表示されています。

 

弊社リキューでは『こころ豊かに暮らせる家』という設計コンセプトを元にお施主様にいつまで豊かな暮らしができるお家を提供しております。

 

家づくりでのこだわりの中で、デザインや性能、間取りなどももちろん大事ですが、その中で、『お庭』を今回はご紹介させていただきます。

 

基本的には外構(エクステリア)は家づくりの中で一番最後に行います。 お家をより際立たせる最後のコーディネートです。 外構まで完成すると、待ちに待ったお引き渡しとなります。

 

リキューでは、お家とお庭をトータルコーディネートします! 二枚の写真を見比べてください。

 

どちらが素敵なお家だと思います? もちろん、どちらも建物は素敵ですが、植栽が植えてあるお庭だと建物をより際立たせてくれますよね? もちろん好みもありますし、お手入れも正直大変だとは思います。

 

このように、建物にコンセプトがあるように『お庭』にもコンセプトがあるとより素敵なお家になります。

 

そして、冒頭でもありましたように、植栽があることで家にいても四季を感じられ、こころ豊かな暮らしを創造していくことができます。

 

春の穏やかな風は大変心地よく、草木も新しい芽が顔を出します。 夏は新緑の葉が生き生きとし、人にも元気を与えてくれます。 秋は紅葉の季節、落ち葉などが時折、冬の訪れを感じさせます。 冬は葉が落ち木々も眠っているかのような印象があります。

 

季節を愉しむ

 

ぜひ、これから家づくりを検討されるみなさまに『こころ豊かな暮らし』をしていただきたいと思います。

 

お庭のご相談はもちろん、家づくりのご相談も承っております。

 

施工エリアは主に三河を全域に対応しておりますが、その他の地域もご相談ください。

 

下記のURLより、相談会の詳細も記載しておりますので、よろしかったら覗いてみてください。

無料相談会の予約はこちら

 

一覧に戻る