MENU

BLOG

ブログ

現場リポート 敷地調査

2020.05.17

こんにちは、山本です。

今日は、敷地調査の様子をリポートします。

敷地調査とは、お家を建てたい土地の大きさを測ったり、その土地に関連する規制や法律などを調べたりすることです。

工事を始める前に、しっかり調査することが大事なんですよ。

リキューの敷地調査は、市川設計さんが担当してくださっています。

 

今日は、敷地の大きさを測る、測量の現場をリポートします。

現場に着いたら、まずは「境界杭」を確認します。

杭

写真のような形状のものや金属製のものもあり、基本的には土地の角にあります。

土の中に埋もれていることもあるので、見落としが無いように慎重に探していきます。

普段は気にすることもないですが、敷地の境界を示す大事なものなんですよ。

 

そして、次はざっとの面積をメジャーで測っていきます。

測量

 

次に、現在建っている家がある場合はその家と塀、そして隣家の高さなど、立体物を測っていきます。

それはメジャーでは無理なので、こちらの道具を使用します。

Leica 1

ライカ社製のレーザー距離計で、複雑な形状を立体的にレーザーを使って計測出来る凄い機械なんです!

計測のイメージは、こんな感じです↓

Leica-DISTO_S910_PIC_1766x750

この正確な測量データがあるので、建築家の先生による設計や工事がスムーズが出来るんですね。

 

計測は、計測したいポイントを指示する人と、レーザー距離計を操作する人の2人1組で進めていきます。

この指の先(計測点)にレーザーを当ててと指示を出していて、その微妙な位置を息のあったコンビネーションで調整していきます。

敷地調査 2

敷地調査

1件のお家を測るのに、200~300か所ほどのデータを取るので、2時間ぐらい掛かるそうです。

お邪魔した当日はとても日差しの強い日でしたが、黙々と計測をされていました。

お家づくりは、工事が始まる前から始まっているんですね!

本当にありがとうございます。

 

5月30日(土)31日(日)の2日間、蒲郡で完成見学会を行います。

女性建築家が提案した、子育て世代のママ目線の家です。

コロナウイルス感染拡大対策の為、完全予約制での開催です。

ご見学いただける人数に限りがありますので、ご予約はお早めに!

詳しくはHPをご確認ください→コチラ←