MENU

BLOG

ブログ

幸せな、火入れ式。

2018.09.13

きょう9月13日は大安吉日。

最近は「日がら」を気にする方は少なくなりましたが、

こと建築においては、めでたい行事が多いため、節目ごとに日がらを選ぶ方もいらっしゃいます。

お引渡しを二週間後に控えたS様の建築現場にて、本日、「火入れ式」を行いました。

火入れ式とは古来、炊事場の「かまど」に火を初めて入れる儀式。転じて「生活を始める」節目とされています。

 

現代においては仕事の都合などで、希望する日がらにお引越し等ができない場合があります。

そんなとき、形式的に「生活を始めた(引越しをした)」とするために行う儀式が火入れ式です。

 

S様ご夫婦は、1才になるお子さんとともに、きょう「火入れ」をおこないました。

真新しいキッチン、真新しいコンロに鍋を置き、ご主人がお水を注ぐ・・・、そして加熱。

初めてキッチンを使った瞬間です。

 

hiireshiki2

 

数十秒でお湯が沸き(IHなので)、奥様が用意された器にお湯が注がれます。

生活を始めれば毎日の当たり前のことなのに、初めてお湯を沸かすことがとても

特別に思えます。

 

そして家族3人で乾杯。

私もご相伴にあずかりました。

 

hiiresiki4

 

お家を建てる方にとっては、家が出来あがっていく毎日毎日が記念日なのかもしれません。

その記念日がより幸せな日になるようにお手伝いができれば

私も幸せです。

 

S様、おめでとうございます。

 

(小林)