MENU

BLOG

ブログ

窓のシャッター、いる?いらない?

2018.09.06

猛烈な台風21号がこの地方を襲いました。みなさんのお住まいでは影響はなかったでしょうか?

被災された方にはお見舞いを申し上げます。

リキューのお客様におかれても、もし異常があれば弊社までおしらせください。対応させていただきます。

 

さて、台風や暴風に備えるとき、窓にシャッターをつけることが従来からありますが、

最近の新築住宅では、そのシャッターをつけない住宅も多くあります。なぜでしょうか?

 

理由はいろいろ考えられます。

・最近の窓は複層ガラス(ペアガラス)が主流になってきてガラス自体の強度が高くなっていること

また、

・そもそも窓ガラスは、相当の風圧でもっても割れるようにはなっていない、ということ

・シャッターをつけて もし暴風等によってシャッターが損傷したら、ガラスを取り替えるよりも高額になるから

 

などなど。

リキューのお客様でも、打合せをしている中で 「シャッターをつけたいんだけど」 とおっしゃる方は少なくありません。

窓サッシメーカー YKK APのホームページには以下のように書かれています。

 

↓ YKK APホームページより

YKK

 

しかし、です。今回の台風での被害をみると、

メーカーが言うような「風だけで割れる可能性は高くない」という見解を鵜呑みにするのはどうかとも、思います。

 

建てる場所によって、風の実質強度や、飛来物の可能性は違うでしょうから。

それはやはり、建てる場所を個別に知っている私たちやお客様だから分かる、対応策があるのだろうと

思います。 建築地の立地や、お客様のご要望・ご心配に応じて、通常のガラスよりも強度のある「強化ガラス」等や、

シャッターなどをご提案いたしますのでご相談ください。

 

既築の建物には外付けシャッターも可能です。

saxtusi

 

(小林)