MENU

  • HOME
  • CONCEPT
  • SHOWROOM
  • WORKS
  • VOICE
  • ABOUT
  • NEWS
  • EVENT
  • calendar
  • CONTACT

RIKYU HOUSE

COLUMN

【西尾市で注文住宅を購入される方必見!】家をキレイにする収納アイデアとは?

2019.09.06

「収納することが苦手。」
「どうしたらものが散らからないだろう?」
このように、収納についてお悩みの方は多くいらっしゃるでしょう。
家のものはキレイに収納しておきたいですよね。
この記事では、注文住宅の収納で使えるアイデアについて紹介します。


□収納するものを考えて整理する

しまいやすく、出しやすい収納にするために、収納するものを考えて整理しておくと良いです。
倉庫や納戸といった大きな空間は、多くのものを収納します。
そのような場所は、特に収納したいものを事前に決めて整理しておくことが重要です。
「何をしまいたいのか?」
「どれくらいの頻度で使うものなのか?」
「誰が使うものなのか?」
という3つの点をおさえて、収納するものを考えることをオススメします。
倉庫や納戸は、個人の収納空間ではなく、家族で共有する収納空間です。
まずは家族全員が使う頻度が高いものから考えていくと良いです。


□使う人の目線に合わせて収納を考える

使う人の目線を考えて、収納する位置を考えると、収納しやすいのでオススメです。
例えば、文房具は大人ではなく子供が使うものです。
子供がしまいやすく、出しやすいようにすると良いです。
薬や工具のように、子供に触れてほしくないものは、子供が手の届かない場所に収納しておくと安心です。


□何が収納してあるかを明確にする

収納している場所にラベルを貼って、何が収納されているかを明確にしておくと良いです。
使う人が多ければ、どこに何が収納されているか把握しきれないことがあります。
その際に、ラベルを貼って、何が収納されているかを明確にしておくと、ものを探すこと・ものをしまうことに費やす時間が削減されます。


□他の部屋で使うものは持ち運べるように

他の部屋で使うものは、持ち運べるケースに収納しておくと便利です。
緊急で必要となった際にも、すぐに持ち運べます。


□壁に収納する

フックやボードを取り付けると、壁でも立派な収納空間になります。
収納を増やしたいという場所は壁の収納空間を活用してみると良いです。


□廊下に収納する

間取りを考えるうえで、廊下は必須の空間です。
部屋に行くためにただ通る廊下ではなく、収納空間にすることがオススメです。
例えば、本棚や扉付きの棚を廊下の両側に設置すると、収納量を増やせます。


□まとめ

この記事では、注文住宅の収納で使えるアイデアについて紹介しました。
収納方法を知って、家をキレイに保ってみてはいかがですか?
当社の経営理念は「誠実な行動・笑顔の創造」です。
西尾市で注文住宅の購入をご検討中の方は、ぜひ当社にご相談ください。

トップへ戻る