case

子どもの習慣を育てる家

蒲郡市 H様邸

 

子どもの習慣を育てる家

今後家族が増えていくことを想定し、十分な収納と使いやすい家事動線を実現し、過ごしやすい生活習慣が生まれ、子供の成長にも適切に影響するような住まい。

概要説明

靴を揃える、手洗い・うがいをする、ランドセルを片づける、宿題をする、子供たちの日々の習慣を生活スタイルで教えることができる間取り、それが教育動線。家族の笑顔を思い浮かべて設計されたお家です。

【基本情報】

敷地面積198.34㎡(59.99坪)、延床面積115.51㎡(34.94坪)
家族構成大人2人、子供0人(将来2人)
C値0.2㎠/㎡、UA値0.38W/(㎡・K)

建築家の紹介

建築家/鹿田 健一朗 (鹿田建築設計事務所)

Entrance

子どもの習慣を育てる家

上部が吹き抜けた解放感のあるポーチのドアを開けると、「hello」の文字が家族やゲストを迎えてくれます。思わずみんなが笑顔になる空間がおもてなし。

Shoes cloak

子どもの習慣を育てる家

玄関奥に収納力たっぷりのシューズクローゼットを配置しました。靴の他にコートや雨具なども収納でき、ベビーカー、BBQ用具なども収納できます。

Pantry

子どもの習慣を育てる家

玄関をさらに奥に進むとこちらも収納力たっぷりの大きなパントリー。生活動線としても利用できる位置に配置し、買い物から帰ってきたらすぐに収納できます。荷物を置いて、まず手を洗ってという習慣を身につける動線でもあります。

Study&work

子どもの習慣を育てる家

生活動線上で気持ちのいい南側にスタディー&ワークスペースをプランニング。ママの目も行き届き、宿題は完璧なスペース。休日はパパがゆっくり読書を愉しむスペースとして活用できます。

Living

子どもの習慣を育てる家

南側に大きな窓を採用し、冬の暖かな日差しを取り込む。夏の日射遮蔽は窓の高さで調整。南面からの採光が十分以上に確保でき照明をつけなくてもすごく明るいリビングになりました。パッシブデザインのパフォーマンスです。

Stairs

子どもの習慣を育てる家

ダイニングスペースの奥には開放的なスケルトン階段を採用しました。カラーをインテリアイメージと調和を取り、ブラックを提案しました。

Laundry

子どもの習慣を育てる家

1坪を超えるスペースを洗面兼ランドリー室としてプランニング。脱衣室と分けることで常に洗面台が利用できることと併せて、ブラックの物干しバーを採用し、タイルと共にアクセントカラーになっています。雨の日でも安心して洗濯でき、ドアを開けて隣のスペースにはクローゼットも配置し、洗って、干して、収納するをコンパクトにまとめました。

Toilet

子どもの習慣を育てる家

手洗いカウンターを設置している壁面にブルーの壁紙でアクセントをつけました。手洗水栓とボウルは主張しすぎず尚且つ個性的なフォルムのデザインを採用しています。カウンター下には収納を設け、室内をすっきりとさせます。

ほかの施工事例もご覧くたさい

一覧に戻る