MENU

  • HOME
  • CONCEPT
  • SHOWROOM
  • WORKS
  • VOICE
  • ABOUT
  • NEWS
  • EVENT
  • calendar
  • CONTACT

RIKYU HOUSE

COLUMN

【注文住宅をお考えの方へ】メンテナンス費用はどれくらい?

2019.08.11

「維持費を抑える方法が知りたい」
「注文住宅に住んでいく上で、どのような点に注意していけばいいの?」
上記のようなお悩みを抱いていらっしゃいませんか?
自然災害や天候などの影響で、注文住宅の素材は必ず劣化します。
そこで修復にかかる費用はいくらなのかが気になると思います。
そこで今回は、注文住宅のメンテナンス費用を解説し、安くすませる方法もご紹介します。


□注文住宅のメンテナンス費用

注文住宅のメンテナンス費用は以下の4点です。

*塗装

外壁だけでなく、屋根も定期的に塗装するべきです。
外壁の塗装にかかる費用はおよそ100万〜150万円、屋根の塗装にかかる費用はおよそ20万~30万円、足場代にかかる費用はおよそ1平方メートル当たり1,000円です。
外壁の素材によっても変わりますが、一般的には10年~20年に1度の頻度で行うのがおすすめです。

*注文住宅の設備の修復費

室外機や換気扇、配管などの設備は時間と共に劣化します。
それぞれ1年ごとに点検を行っておき、突然壊れて困らないようにしましょう。

*自然災害によって壊れた箇所の修復

津波や地震があれば、受けたダメージだけでなく、木造建築では腐敗が、鉄骨造建築ではサビが気になります。
この場合、臨機応変に修復が必要です。

*リフォーム

子供が増えたこと、水回りが特に劣化しやすいことなどの理由で、いっそのことリフォームしようと考える方も多いのではないでしょうか?
リフォームの内容によって大きく変わりますが、かかる費用はおよそ50万〜150万円です。


□メンテナンス費用を安く済ませる方法

メンテナンス費用を安く済ませる方法は以下の2通りです。

*注文住宅を建てるときに、より長持ちする素材を選ぶ

日本の技術はとても進歩していますので、高価ですが高性能な素材を選んでおくと、取り換えの頻度が減ります。
結果として、メンテナンスにかかる費用を抑えられます。

*こまめに点検して、状態が悪化する前に修理する

こまめに点検することで、腐敗やサビ、設備の不具合にいち早く気づけます。
状態がそれほど悪化していなければ、修復費を安く抑えられます。


□まとめ

今回は、注文住宅のメンテナンスにかかる費用を解説し、安くすませる方法もご紹介しました。
メンテナンス費用についてきちんと知らなければ、修復費の面で大きな損をするでしょう。
この記事を読んで、しっかり対策してみてはいかがでしょうか?
また当社では、定期的に予約制のセミナーを開催しており、お気軽に参加していただけるような環境づくりに努めております。
注文住宅を検討されている方、不安な点がある方はぜひ足を運ばれてみてはいかがでしょうか?

トップへ戻る