MENU

  • HOME
  • CONCEPT
  • SHOWROOM
  • WORKS
  • VOICE
  • ABOUT
  • NEWS
  • EVENT
  • calendar
  • CONTACT

RIKYU HOUSE

REPORT

性能の高さはそのままに、面積29坪の中で「使いやすさ」と「洗練されたデザイン」を目指した結果 予算を抑えることができました ~5/18-5/25開催の完成見学会の建物~

2019.05.09

小林です。

 

まずは 大津市で起きた悲しい事故により奪われた幼い2つの命に対して、同世代の子を持つ親として心からご冥福をお祈りいたします。

こんな悲劇が繰り返されないようにするには、運転をする大人が気を付けるしかありません。それでも事故は偶発的に起こってしまうものなのかもしれません。しかし、例えば、スピードを10キロ落とすだけでも事故が起きた際の救命率は変わるのではないかと思いました。どこまで徹底できるか分かりませんが、きょうからスピードをできるだけ抑えて運転しようと思います。

 

 

さて、かねてより安城市で建築工事をさせて頂いていたN様邸がこのほど完成し、先日完了検査を実施しました。

お施主様におかれては、ご入居を楽しみにしてくださっていることと思います。

 

そんな中、大変ありがたいことに、お施主様のご厚意により 5/18(土)~5/25(日)まで、完成見学会として公開させて頂くことができることになりました。

 

奥様こだわりのカウンターキッチンや、ご主人たっての希望だった書斎スペース、子供さんも走り回れる土間空間などなど…(書いてるだけで楽しくなってきます♪)お施主様家族がより楽しく快適に過ごして頂けるよう工夫した間取りをぜひご見学いただけたらと思います。

 

1-2

 

さて、タイトルにも書きましたが、この建物の面積は29坪です。みなさんはこの面積、広いと感じますか?狭いと感じますか? 29坪というのは、よくある一般的な建売住宅の面積よりも1~2坪程度小さいと思います(物件によりますが)。この空間の中に、収納タップリかつオシャレなキッチンや、広っろーい土間収納、家族みんなでお風呂に入っても混雑しない回遊型の洗面脱衣室などを組み合わせました。

 

1-1

 

そもそもなぜこのお家が29坪になったのか。それは予算を抑えるためです。建築の予算というのは、設計上の工夫をしてもしなくても、その面積によって工事費用が変わってきます。面積が大きくなれば費用も高くなるし、小さくなればその逆です。(であれば、コンパクトな面積の中で最大の工夫をしたほうがいいですよね?!)

 

弊社リキューが提案する「アールプラスハウス」は、限られた面積であってもアイデア力(=設計力)で、使いやすく、広く感じてもらえるお家を目指しています。今回の建物はまさにそれがとても上手に体現できたと思うので、ぜひ多くの方にごらん頂きたいと思います。また、建物の断熱性能を表すUA値が0.48で、省エネ性能や換気性能を表すC値が0.24。数字が示す快適性もぜひ感じてください。

 

■完成見学会■

場所:安城市根崎町

開催日:5/18(土)~5/28(日)の11日間

予約制となっておりますのでご予約フォームhttp://rikyu-home.com/contact/

よりご予約下さい。

※建築計画の無いご見学はお断りしています

↓およその場所です。場所詳細はご予約時にご案内いたします。

nesaki

 

1-7

 

トップへ戻る