MENU

  • HOME
  • CONCEPT
  • SHOWROOM
  • WORKS
  • VOICE
  • ABOUT
  • NEWS
  • EVENT
  • calendar
  • CONTACT

RIKYU HOUSE

REPORT

40坪ちかくになりそうな要望を、建築家はどのようにして35坪にまとめたのか。

2018.11.21

今週は建築家のプレゼンテーションが2件、続きました。

リキューでは、アールプラスハウスの建築家とともに家づくりをしているのですが、

この人たちってほんとすごいな、と感じさせられました。

 

1件目は二世帯の住まい。親2人と子世帯4人の計6人暮らし。

■リビングは20帖はほしい。

■パントリーは欠かせない。

■収納はたくさん。

■玄関広く、玄関に大きな収納。

■洗面室と脱衣室は別にしたい。

■リビング通らずに、玄関から脱衣室、洗面室に行ける。

■お仏壇スペースが必要。

■駐車場所は4台分。

 

こーんなご要望でした。こーんなご要望きいたら、普通だったら面積40坪超えて当たり前。40坪超えたら、予算も(ちゃんとした性能の家なら)ふくれるし、固定資産税も上がります。

でも・・・建築家がもってきたプランは何と35坪。

 えっ!?35坪?? あれだけのご要望があって35坪って、かなり希望が反映されていないんじゃないっ!? それ困る。 だってお客様には「アールプラスの建築家は、希望を反映させる本当のプロです」って言い切っちゃってるし、、、。 「諸事情により希望はこれだけしかプランに反映できませんでした・・・」 なんてなったら、「オイ、小林の言ってたこと違うじゃないかっ!」ってお客様に怒られる・・・

 

━という心配は無用でした。提案プランにはほぼすべての要望が叶えられていました。 (私もプランを書けなくはないですが、どうがんばっても38坪超になってしまいます)

このプランをつくったのは飯塚拓生さんという建築家。「劇的!ビフォーアフター」などの建築系テレビ番組にもよく出ている方です。

 

動線をシンプルにして家事等をしやすく、というのは一般的によくあります。しかし今回のプランでは動線を用途別にあえて分け、分けた動線が連続した生活の動きとなることでつながるという、生活そのものをデザインしたのです。 その結果、35坪。これって、ふつうは二世帯とは思えない面積です。 

 

建築家はひとこと。

 

「狭く見える40坪よりも、広く感じて使いやすい35坪のほうが、いいじゃない?」

 

IMG_2607プランに添えられた建築家のスケッチ

 

 

2件目は50代夫婦とその子どもの住まい。

子育てはもうすぐ区切り。だから念願のマイホーム。

ご主人は趣味のスポーツをより楽しめる空間に、奥様は明るくって うんとくつろげるおうちにしたい。それぞれに夢が。でも・・・

でも、建てる場所は海の近くで風が強い。台風のときはほんと心配。

もうひとつ気になること・・・それは、建てる場所が通行人の多い角地なので、外からの視線が気になる。明るいリビングでくつろぎたいのに・・・カーテンしなきゃ、かな。

 

提案したのは建築家・伊藤淳さん。

 

57坪の土地に8帖分のオープンテラスのついた、まるでリゾートのコテージを思わせるプラン。

洗濯、キッチンは最短動線のレイアウト。これには奥様テンアゲアゲ。

趣味の自転車、テニス、ミニクーパー それら愛おしいパーツ類とともに篭(こも)れるホビールーム。 これには旦那さん満面の笑み。

20代の年ごろ娘とパパの気持ちを考えて、洗面所と脱衣室はセパレート。 みんなが使いやすい。

 

57坪というと、決して「広ーい」 という土地の広さではないけれど、広がりのあるLDKと大きな収納、おまけにオープンテラスもある。

聞けば、「このオープンテラスが、強風時は風除けになって 平時は道路からの視線をさえぎるのに役立つんです」 と建築家。

 

なんてこった。 そりゃお客様も一発で満足しちゃうわけです。

 

IMG_2605写真左がお客様夫婦。右奥が建築家。右手前が私。興奮と歓喜の坩堝(るつぼ)です。

 

【小林】

 

 

 

トップへ戻る