MENU

  • HOME
  • CONCEPT
  • SHOWROOM
  • WORKS
  • VOICE
  • ABOUT
  • NEWS
  • EVENT
  • calendar
  • CONTACT

RIKYU HOUSE

REPORT

リキューの家はあたたかいのか。-見学したお客様のこえー

2018.01.25

きょう、「床暖房をつけようかどうしようか迷っている」お客様を、リキューの完成物件にご案内しました。

夜、外気温3度。

室内エアコンは設定22度。

リキューでは、「一条工務店にしようかリキューにしようか」 という方がけっこう多くて、このお客様もそうでした。

 

このお客様は、すでにリキューにお申込みを頂いているお客様ですが、(一条工務店で標準仕様となっている)床暖房をつけるかつけないか、を決める、ということで、ご案内しました。

結果、

「あ~、これだけあったかいなら床暖房いらないかぁ!」

と、室内の快適さにご納得された様子。

リキューの建物は、床暖房をつけなくてもあったかいことを、体感いただきました。

 

 

リキューの建物は、床暖房をつけなくてもあたたかい・・・それはなぜか。

理由は「断熱」と「換気」と「気密」にあります。

 

リキューの建物の基礎部分には「基礎断熱」といって、基礎内部(床下)が冷えないような断熱構造をしています。

また、換気システムによって、床下もお部屋に近い温度環境にしてあげます。そうすることによって、床が冷えなくなります。

その温度環境を、外気(きょうは気温3度でした!)の影響を受けないようにするのが「気密」です。

以上の3つの理由によって、寒い夜でも最小限の空調で快適にすごせる家ができるのです。

 

これは別にリキューの家が特別な造りをしているわけではありません。

年中快適に、かつ経済的に、健康的に、暮らしていただく家として、最低限だと思っています。

 

これを読んでくださっている方がもし、リキューの見学会に来てくださるなら、

見た目のデザインよりも、床下を見てほしい。換気のこと、気密が大事なこと、しってほしい。というのが私の本音です。

(小林)

 

 

基礎の断熱。(青いのが断熱材)

IMG_0145

 

スキマなく断熱するのが重要。(モコモコしてるのは発泡断熱材)

IMG_0206

 

そうすることによって床(=足もと)が冷えなくなる。

(電気代やガス代がかかる床暖房が要らなくなる)

IMG_0254

 

よって、快適かつ経済的な住空間が成り立つ。のです。

IMG_0264

トップへ戻る